忍者ブログ
Wellcome!! まったり、気ままなホビー・タイム

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


500Starr7.jpg
▲サイドスカートの装着で見慣れた感じになりました。支持架との固定
 に0.3mmのプラ棒を埋め込んでみました。アップで見ると結構目立ち
ますね。
 
500Starr8.jpg
▲金属素材は極力避けたいところですが、吸気グリルのシャッターを装
着しました。他のパーツはサイズ違いが多いのですが、ここの合いはバ
ッチリです。あと、車体後端の両サイドの小ハッチ(BMM社生産タイプ
を示す特徴の一つらしい)や、予備キャタピラ固定金具の締め付け部分
に手を入れて繊細な感じにしました。

500Starr9.jpg
▲途中で気づいたのですが転輪外周のボルトを一つおきに間引いて簡素
化された後期タイプを再現しました。

拍手[1回]

PR

500Starr2.jpg
※防盾パーツ左から①②③④

▲フェンダーリブ等ちょっとばかし進めました。防盾基部まではどうしようか
さんざん悩んだのですが、結局切り刻んでしまったので、その後の修正予
定など。

まるで洋式便座の様ですが、全周にわたりリューターノコを入れてから裏
をくり貫いて半球形の基部と切り離し。あとは上部の黒線部分を削り幅を詰
め、厚みも若干減らしてやります。

横から見た時の突き出し量が気になって2~3mm詰めようとマーキングし
ていたのですが、大事しそうで悩みました。カットしただけで悩みの大部分は
クリアされていたのでこれには思わずラッキー!あとは上面両サイドを直線
的に削ってやります。

一度タミヤエポキシを盛って、先端部分も2割増しぐらいの太さにしてます
が、④の砲身カラー部分と繋げるとまだ太さが足りません。実車はカラーよ
りもう一段太くなってるので、あと一回作業をすれば完成できそうです。

新規にカラー部分を作るのは自信がなかったので、キットの防盾の一部
を残しました。軽くドリルレースして形を整えてます。

拍手[0回]


500Starr1.jpg
▲えーっ!?と思われた方も多いでしょう。Starrと聞けばバックに写るタイプ
を思い浮かべますよね。大抵の方は。

途中まではそのつもりで作ってましたが、使用したCMKの適当な感じ(サイ
ズ違いや合いの悪さ)にすっかり幻滅してしまったので急遽路線変更しまし
た。で、選んだのがBMM社で10輌が製造されたと言われるタイプです。手
元資料の断片的な写真から推測すると10輌とも仕様がマチマチだったよう
です。幸いにして稼動中の写真がネット上で発見できたので、いくつかの特
徴を組み合わせてカタチにします。

拍手[0回]


HOME


e-mokei.sv
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
CALENDAR
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
RECENT COMMENT
FLAG COUNTER
free counters
ブログ内検索