忍者ブログ
Wellcome!! まったり、気ままなホビー・タイム

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


長男くんの高校受験が間もなく開始されバックアップ体制もそろそろ終盤を向えつつ
あります。あとは本人の気力次第、野となれ山となれ。楽しい学生生活が送れればそ
れでいいと思ってますが・・・。

いっぽう、模型制作の方は自粛気味でしたが、昨年暮れから随分と自己投資を行い、
確実にストックは増加中です。AZのデモンやらチェコのスカイナイトやらエアのバッカ
ニアなどなど。まずは、気軽に作れそうと始めたのが下のFJ-4。72ばかりやってた
せいか第一印象は思ってたよりデカイ!まとまりもいい感じ。でも下調べを進めていく
といつもの悪い癖が・・・。因みに細部は”The Airstrip”にあるFJ-4が参考になります。


50048fury1.jpg













▲機銃パネルを一旦切り離して2mm前進。もっとインテークリップ側に寄せても良
かった感じ。ここがうまく表現されてるキットってないですね?パネルラインが ガタ
ガタになるけど後で掘り直すので気にしない、気にしない。


50048fury2.jpg













▲前脚ドアの形状が違うのでキレイに埋めて後でスジ彫り。スリット位置の変更。主
翼下面パーツの凸部分と元々スリットがあった部分を入れ替え。お見せできなくて残
念ですが、脚庫の合いはへたな国産キットよりgoodです。


50048fury3.jpg













▲ラダーのリブのモールドがだるいので彫刻刀で彫りなおし。スピードブレーキは彫り
も 深くて中々見所になるのですが、駐機中に開きっぱなしはそうそうないでしょ?だか
ら埋めます。ここに見せ場つくるより、エルロン別パーツで稼動状態にできる演出がほ
しかった。

拍手[0回]

PR

500demon1.jpg
とりあえず士の字。主翼補強等でけっこうヘビーになったので、まずはバランス確認。心配はどうやら杞憂だった様子。極端な尻下がりが良く再現されてます。


500demon4.jpg
見る写真によって随分と表情が変わる部分なのが、この前縁スラット部分。シャープさより、むしろ厚みを減らす方向で上面パーツのみカットしてプラ版に置き換え。パーツが柔らかいので、中にエポキシパテを充填して補強。


500demon5.jpg
主翼のボッテリ感と並んで直したかった箇所が垂直尾翼。厚みもさることながら位置・形状ともに図面との差異が大きかったので、プラ版で自作。透明プラ版で図面から形状を写しとった後に、普通のプラ版でサンドイッチにしてからリュータでガリガリ。満足できる形状とは言い難いけど、こんなもんで妥協です。

拍手[0回]


500demon2.jpg
下手なスジ彫りよりも凸ラインの方が断然いい。テール部分なんてまるでウロコです。って遅くなりましたが、エマーのDEMONです。運河彫りを埋める作業もひと段落したんで、少しづつ作業状況など。

まずはノーズ付近から。インテーク側壁を仕切り直前までカットして1mmシムを噛ませて機首下げ。図面上では、インテークリップの側面中心線から5度下げになってます。スケール的に言うと約5mmほど。因みに参考にしてるのは「精密図面を読むNo.5」です。


500demon3.jpg
機首下げに合わせて、脚庫も作り直し。意外とデカイので中身もそれらしく後ほど。前側の機銃は、パッチ貼り付けタイプにするので埋めてます。

拍手[0回]


500bug4.jpg
フィニッシュできないワタクシ。アンテナ支柱が折れるわ。爆弾の振れ止めは折れるわ。ヘッドレスト塗らなきゃ・・・シートベルトも。気持ちが入らずに作業するとろくな事がない。只今ユラユラと移り気なNomadic(遊牧民)モードに突入。

拍手[0回]


400-lightning4.jpg
各部の出来上がりを少々。ノーズコーンは一旦切りとって、プラ版で桶を作り、奥行きを再現。錘の関係でそれほど深さはかせげないが、それでも1cm位は大丈夫。ノーズコーンも桶の底に直に取り付けられて強度確保にもなる。


400-lightning6.jpg
後々のスジ彫り作業を考えて、隙間は全て瞬間接着剤で処理。エアブレーキ辺りは段差も著しく、中にエポキシパテを仕込んで強引に固めた。


400-lightning9.jpg
脚位置の変更。図面から位置を写し取るのは困難なので、プラぺーパーに直に印刷してテンプレートを作成。これで位置合わせもラクラク。


400-lightning12.jpg
当初は、裏面に当て込んだプラ版だけ削って再現しようと思ったものの、深さの確保を優先してくり貫いてしまった。リューターも調子悪くなってしまって、この先どうしよう・・・。とりあえず0.5mm位のプラ版でフタしてやれば、何とかなるかなんて思ってますが・・・。


400-lightning11.jpg
お尻の修正中。エバグリーンの11.1mmパイプを使用。外側から先端を丸めてやれば、雰囲気アップ!下はまだ未処理。因みに10.5mmパイプに同様の処理を施して内側に仕込んでやれば、雰囲気倍増間違いなし。

 

拍手[0回]


500-gannet7.jpg
渋谷の森の里くらぶで、何とトラペのガネットが¥500円!聞けば、
Cランナーが欠落してるそう。「いりません」そんなの、迷わず購入。
早速、翼端灯などを移植してみた。前縁灯についてはは磨くと、クリ
アーパーツの厚みがバレバレになってしまうので、拘る方はムク材
を使った方が良いかも。

本当は、キャノピーの合いを期待してた訳だけど、第1風防以外は、
幅が狭くて長さも短くダメ。結局のところCMR付属のバQを使うしか
ないという事で気持ちはブルー。切り出しが非常に不安。接着はポ
リエチレン系でしたっけ?
 

拍手[0回]


500-gannet4.jpg
フロッグ+CMRの良いとこ取りでダラダラと制作中です。コクピットの中は
CMRを参考にしてそれなりに再現したりしてます。今となっては、トラペか
ら良いのが出ているので、注目に値しないですが、フロッグの発売から既
に半世紀近くも経過している事を思えば、それなりの雰囲気は持たせてみ
たいです。
 

拍手[0回]


HOME


e-mokei.sv
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
CALENDAR
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
RECENT COMMENT
FLAG COUNTER
free counters
ブログ内検索